2014年1月から、「NISA(ニーサ)」と呼ばれる少額投資非課税制度がスタートします。
NISAとは、毎年100万円を上限とする新規投資に対する配当や譲渡益等を、最長5年間、非課税にするシステムです。
通常、株式や投資信託から得られた配当や譲渡益は、所得税や地方税の課税対象となるので、この制度を利用するとかなりの節税効果があります。
NISA導入の背景としては、若い世代をはじめとしたより多くの個人の将来の資産形成の取り組みを促すことや、経済活性化のための資金供給の拡大、貯蓄から投資への流れの促進などが挙げられます。
NISAの制度を利用するためには、銀行や証券会社などの金融機関で専用の口座を開設する必要があります。
口座開設にあたって、利用する際の注意点をよく確認しておきましょう。
1.開設できるNISA口座は一人一口座だけです。
銀行と証券会社にそれぞれ口座を持つことはできません。
また、口座開設後、最長4年間は別の金融機関への変更はできません。
2.投資を行わなかった非課税枠の未使用分を翌年に繰り越したり、売却した非課税枠の再利用はできません。
3.NISA口座は新規投資が対象なので、他の口座(一般口座や特定口座)で既に保有している上場株式などを移管することはできません。
4.非課税のNISA口座で生じた売買損失は、課税される他の口座(一般口座や特別口座)の収益との損益通算はできません。
また損失の繰越控除もできません。
5.金融機関によって購入できる商品は異なるので、投資したい金融商品を十分検討してから口座開設する金融機関を選びましょう。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans