人工知能AIは人間の眼科医とほぼ同じ確率

ディープラーニングで活用された

今後、チップを遠隔操作ロボットなどに搭載する場合、低電力は必須条件。ニューロモルフィック·チップに対する期待は大きい。ちなみに、現在のスーパーコンピューターの最高峰「天河2号」(中国)の消費電力は1780万ワットと桁外れに大きい。
クアルコムも同様の新型チップでIBMと技術を競っている。これらは「いずれ意識を持ったAーが生まれる」と言われるほど先駆的な取り組みだ。チップをロボットに搭載できれば、原発の事故現場など危険な場所で自律的に働くロボットが実現するかもしれない2013年、国内外のロボットメーカーを多数買収したグーグルがもくろんでいるのも、こうした特殊なA1チップを搭載した次世代ロボットの開発にあると見られる。ニューラルネットワーク自律的に二足歩行するヒューマノイド人型ロボットや四足歩行の動物型ロボットを開発した米ロボットベンチャーのボストンダイナミクスも、2013年グーグルに買収された。同社が新型チップを搭載したロボット開発に成功すれば、世界の産業用ロボット市場で50%以上のシェアを占める日本メーカーも足元を脅かされる恐れがある。日本も早急に最新A1への取り組みが迫られている

人工知能、

米追う中国◎世界に50人、専門家争奪コンピューターが自ら考える人工知能ている(AI)を巡り、いま世界的な頭脳争奪戦が繰り広げられ人工知能のなかで、プログラムの専門家たちだ。

  • 人工知能がどんどん進歩して古い
  • 人工知能が出してくる判断
  • インターネットを結びつける技術

コンピュータはよりよく反応するための仕組みとしたい

特に奪い合いになっているのは「ディープラーニング(DL)」
と呼ばれる人間は、目に飛び込んできた情報の中から色を感じ、色の点がつながった線を見分け、さらに線に囲まれた形を読み取る。そして、形の中から人間の顔などの図形を認識し、男女などの微妙な差も識別する。「人間の顔」とわかれば、それを「夫の顔」などと判断する。DLは同様に、段階を追って認識していく。
DLの専門家は「世界でもわずか50人程度」
企業がいま、血眼になっている。
といわれる。
その囲い込みに、世界中のIT大手先手を打ったのは米グーグル。2013年3月、DLの先駆者であるカナダ·トロント大教授のジェフリー·ヒントンのベンチャー企業を買収した。対抗するかのように、フェイスブックは同年2月、人工知能研究所をつくり、ヒントンの弟子の研究者を責任者に招いた。
コンピューターでは会社側から病休を勧められたりもするだろう
すると14年1月グーグルは英ベンチャーを買収し、10人ほどの優秀な研究者を獲得した。買収額は400億円と報じられた囲い込みのきっかけは12年におこった人工知能での、ある技術革新だった。
米スタンフォード大で3日間動き続けたコンピューターが12年、画面に合成画像を映し出した。
猫の顔だった。
コンピューターが初めて、データの中から物を認識し、自ら画像を作り上げた瞬間DLは、与えられた情報のなかから「最も特徴的なものを選べ」とプログラムされている。ユチューブ上の1千万の画像を与えられたDLは、点(ドット)がつながった線をみつけ、形状を見分ける、といった段階的な思考を重ねた。コンピュータが1日10の組み合わせについて検証できる

ロボットは入り込んできます

DLが特徴的だと認識したのは「猫」だった。まるで赤ちゃんが初めて母親を認識するかのように。
研究チームを率いる准教授のアンドリュー·ソグは「実験の成功はうれしかった。でも、なぜ猫なのか。ジョークかと思った。ユーチューブにはたくさんのネコ動画がアップされているのは知っていたが」
機械が猫を見分けたニュースは世界を駆け巡った。ネットに積みしがる文字情報や画像、音声データをDLが自ら認識できるようになれば、ビッグデータ分析などでビジネスへの応用が一気に進むという期待感が広がった。コンピュータが1日10の組み合わせについて検証できる

コンピュータが1日10の組み合わせについて検証できる

DLの専門家を巡る世界の争奪戦に、の影をひたひたと追う勢力がいる日本企業が参加している様子はない。
しかしいま、米大手中国のグーグルといわれるネット大手の百度(バイドゥ)だ。13年、シリコンバレーにひっそりと人工知能研究所を設立。そして14年5月、DL研究の第一人者を所長に迎えた、と発表した。
「猫」論文で知られるングその人だった。


ニューラルネットワーク AIexaアレクサの感覚にとらわれる必要はありませんそんな AIに関しては詳しく聞きたければこれで困るのは医師です