小学生の子供2人を育てている主婦Aさんは最近、長男の身長のために悩みが並大抵ではない。

なぜなら、小学校6年生の息子が小学校4年生の妹の身長と同じくらい小さいからである。

小学校6年生の男の子の平均身長が149㎝であるのに対し、息子のキーが平均身長もはるかに及ばない142㎝しかなく、学校行事の時の一番前に立っている息子を見ると、 胸が痛くてならない。

身長が大きくなる治療をしようと、インターネットを検索し、成長クリニックを見つけたという。

運動療法もやってみ成長に良いということは、それなりにたくさん試してみたが、これといった効果を上げられことができず漢方成長クリニックを発見した。

大学病院や小児科医院での成長の治療はほとんどよく知られているように、成長ホルモンを投与する方法を利用する。

成長ホルモン治療は、成長ホルモン欠乏症、染色体異常で生じるターナー症候群、慢性腎臓病のような成長障害の場合には有用である。

しかし、身長は小さい方だが、成長ホルモンが正常の場合にはあまり役に立たない。

成長ホルモンは正常だが、身長だけ少なく育つ子供を特発性成長障害とならない。

理由は不明だが、実際の身長のみ平均より少なく育つ場合に該当する。

このような場合、漢方では、成長ホルモンの分泌量を増やす治療をする。

もしどこか異常があって、体が弱い場合は、つまり、健康に基本を置いてアクセスをする。

健康状態だけ良好に作ってくれれば、自然に背が大きくなることがあるということが両方の治療との違いと見ることができる。

食欲が不振だったり、偏食、あるいは下痢を頻繁にする子供は、比較的少ない。

この場合、まずこの症状を解決すれば、よりよく育つことができるものである。

本明細書で東医宝鑑で使用した成長発育に良い漢方薬と臨床での成長の治療効果が良かった漢方薬を組み合わせて動物実験した結果、成長ホルモンのIGF-1とIGFBP-3の数値がそれぞれ20%と11 %が増加したことが分かった。

漢方薬の中の一部が成長ホルモンの分泌を増加させて身長をより大きくできるように助けてくれる可能性があることを意味する。

親の親身長が小さい為の悩みで成長の治療を選択する場合には、治療時間や費用対効果、今後の副作用などを考慮する必要があります。

1年に4㎝未満で育ったり、身長の順序で100人のうち、3番目より下である場合には、成長を妨げる他の理由があるのかを入念にチェックし、成長ホルモンの分泌量を確認し、治療方法や期間を設定するのが良い。

しかし、成長板が閉じる前に開始することが効果的であり、少なくとも6カ月以上着実に努力することが、遺伝的な素因を克服する秘訣である。

同年代よりも小さい場合は、まず1年間育った身長を確認して、無条件に病院に行くのではなく、普段の生活で成長の妨げになる生活習慣がないかどうか、まず確認するといい。

鼻炎、アトピー、消化器疾患などの成長に支障を与える慢性疾患がある場合は並行して治療をした方がより効果的であることができる。

上記のような鼻炎などが有ると睡眠の質が低下し身長の成長に悪影響を及ぼすからだ。

生活上で身長の成長の妨げになるものとは、不規則な食事や運動不足・睡眠不足・ストレスなどです。

逆にこれらの環境をしっかりすれば、身長を伸ばす方法につながるでしょう!

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans