伊豆の西海岸にある堂ヶ島は火山噴出と溶岩、海水による腐食が原因で形成された このところだけの独特の石形、崖や洞窟が??非常に有名である。
海岸を鑑賞するのに最適な方法は、観光船を利用することで、コースの中には この場所で最も大きな洞窟の内部を巡ることが含まれる。
クルーズは約20分かかり、料金は920円である。
より長い時間のクルーズコースも用意されている。
堂ヶ島は下田(1時間、1360円、1時間に1-2台)と 修善寺(90分、1970円、1時間に1-2台)発東海バスに乗れば行くことができる。
河津を扱う伊豆の南東にある河津町の上方に位置する山の7つの滝をいう。
滝は、その長さが30メートルにもなる大きな滝から2メートルにしかならない 様々で、森に沿って1キロほど続く爽やかな道に沿って歩きながら鑑賞することができる。
道に沿ってあちこちに置かれているいくつかの像は、川端ユースナリ(1899-1972)の作品の中 伊豆半島を背景にした「伊豆ノ踊り鼻(伊豆のダンサー、1926)」の話に登場する人物を描いたものである。
川端はこの作品で、1968にノーベル文学賞を取った。
登山道の入り口には小さな温泉リゾートナナ扱う温泉があり 2階建てのスパイラル足の河津ナナ扱うループ橋が414番国道に沿って 谷の高さに合わせて建設されたことを見ることができる。
河津7つの滝は、川崎からバスで25分かかる(580円)。
または修善寺からバスに乗ってもされている(1370円)。
1時間に1-2台のバスがある。
1853年、世界から自分を孤立したまま過ごしてきた日本に、米国は日本の抗議開放を 要求するために提督マシューさんペリー(Matthew C. Perry)は、日本で船を漕いできた。
その翌年、フェリーは9隻の艦隊戦艦、 "黒船(黒船)」を率いて日本に戻って来、 日本に戻って自分の要求を受け入れるように強制する。
1854年の春、下田と函館の港を米国倍に開放するという条約が行われた。
その当時は日本に数値を渡した事件だったが、ペリー提督の日本到着は下田の主要な観光地となり、 彼と彼の船は、今日、市内のどこからでも簡単に目立つべきである。
下田のフェリーに関連する多くの観光地の中で仏教の漬け料シェンも欠くことのできないのに ここで1854年下田条約が行われ、現在料シェンの宝物館には、フェリーに関連するものが展示されている。
フェリー通りにはカフェやショップ、柳が並んでおり、この距離は運河に沿って料シェンにつながる。
フェリーと米 - 日、外交交渉を記念するためのより多くの記念碑は、下田公園で見ることができる。
フェリーの到着を記念するための黒船祭り(黒船祭り)が毎年5月中旬にはパレードや 様々なイベントも一緒に市内で開かれる。
ペリー提督と関連の場所は下田市のあちこちに散らばっている。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans