治療環境を提供するためには家族が

治療方針を選択できなかった患者のことで

それはそれでひとつの処世術だと思います。私の知る限り、そういう人で「できる人」ほとんどいません。仕事も中途半端です。社会の中で、仲間の中で生かされているのです。うつの人も同じです。つらいのはわかります。辞めてしまいたい、負けたことになると思うのです。眠ってしまいたいのもわかります。けれどもその気持ちとうまく折り合いをつけながら、ひと頑張りして人と付き合っていかないと、結局はうつに誰とでもスムーズに会話できる秘訣は?人間関係が苦手な人の中には、自己表現が苦手な人も多いと思います。言いたいことを上手に伝えられないため、イライラしたり不安になったり、余介なストレスがたまります。どんな人とでもスムーズに話せる方法はあるでしょうか。少なくとも秘訣はあります。まず相手の言っていることを反芻し、それに対して自分はどう考えるかを述べ、したがってこうしたほうがいい(こうしてほしい)-とつなげていくのです。「なるほど、それは00ということですよね。私もそう思います。

  • 薬は一つもない高齢社会になって
  • 薬を飲めば無理やりコレステロール値を下げることはできるでしょうしかし
  • 薬の量を増やすなどの手当てをして

 

健康に入っているかといった情報は

2か月ぶりに安心してぐっすり眠りました。ただ、睡眠に改善はみられたものの、頭がボーッとして集中力がない、気分的な落ち込みはすぐには回復しません。またひどい肩凝り、動悸もあり、とうてい仕事を続けられる状態ではなく、診断書を会社に提出して半年間の病気欠勤することになりました百合子さんが勤務する職場は国の外郭団体で、就業規則も公務員に準ずるところが多いせいか、比べると働く女性への手厚い配慮がなされているようです。病気欠勤の診断名は「更年期障害ウツ状態」。百合子さんが更年期障害で病欠をした最初の事例となりました。
免疫システムでも重要な働きをする

幸い、職場では抵抗なく受け入れられたようです。職場で理解されたのは、ふだんの百合子さんのまじめな勤務態度への評価の証ともいえるのでしょう。それにしても、いったいなぜ自分はウツ状態になったのか、百合子さんは家で静養しながら自問自答しまし改めて振り返ってみると、仕事のストレスは少なからずありました。係長から課長代理に昇進しました「それが気づかないうちにプレッシャーになっていたのかもしれない」2年前に部署が変わって、と百合子さん。新しい部署は人員削減も同時にあり、その分仕事がきつくなっていました。

 

治療を行うことが大切です

ついでにふれておくと、近年話題になったエコノミー症候群は、長い時間、同じ姿勢で座ったままでいることにより脚の静脈の血が流れにくくなり、膝の裏あたりの静脈に血栓(血の塊)ができてしまう症状です。静脈の弁が休止状態になり、血液が流れにくくなっています。ですからエコノミー症候群の場合、水分をとることも大切ですが、やはり、からだを動かすことによって改善できますからだを動かすことがいかに大切かおわかりいただけたでしょうか筋肉は使わないとすぐに衰える筋肉はしばらく使わないと、すぐに衰えます。ですから、一週間も二週間もあいだを空けるのではなく、簡単な運動なら毎日したいものです。もし若い人が、負荷をかけてもっと筋肉をつけたいというのであれば、一日ないしは二日おきくらいに筋力運動をするのが効果的です。

きつい筋力運動を毎日行なうのは、かえって逆筋力が高いと交感神経が優位となり、低いと副交感神経優位の方向になります。筋肉をもりもりにつけたいわゆるボディビルダーのような体格は、それを維持するだけでも日ごろからたいへんな運動量が必要ですたとえば、空手で牛を殺したといわれる極真空手の大山倍達さんは、からだを鍛えに鍛えて筋肉もりもりでした。しかし、あれだけのからだをつくり維持するためには、毎日厳しいトレーニングが必要でしょう。そのため交感神経緊張状態が続きます。それではかえって長生きはできません。