ニューラルネットグーグルブレインだ

コンピュータによって社会のあらゆる分野が制御される

例えば、ただの落とし穴に落っこちてしまったり、簡単な塀で行く手をふさがれてあきらめてしまったりしかし、日がたつにつれ、落とし穴を迂回したり、そうです。バブーは進化するんです。
飛び越えたり、落ちても飛び出してしまうようなバブーがやって来るようになります。
例えば、落とし穴から飛び出せるようになるために、バブーは、ジャンプ力を上げたり、となるトラップに対しては、それを壊すようなパンチ力やキック力を上げていきます。
軽い方がジャンプに有利ですから、体重を減らしたりします。

  • 人工知能というイメージが湧きません
  • コンピューター自身により自律的に行われるようになる
  • プログラムすることができるようになったのです

IoT化の前提として成熟したジャンルの考え方

また、塀などの障害物このように、プレイヤーが仕掛けたトラップの種類に応じた形で、それを突破するような方向にバブーが進化していくというところがこのゲームのミソなのです。
もう、勘のイイ方もそうでない方もおわかりのように、このバブーの「進化」を、GAによって行いました。ま、GA-遺伝子の進化バブーの進化ですから、まるで教科書のような素直な使い方というわけです。人工知能学者のセリフだ

人工知能技術として注目を浴びる
人工知能技術として注目を浴びる

人工知能の流れを紹介したいと思います

畑を荒らすバブーの遺伝子進化のお話をする前に、まずは、バブーの遺伝子について説明します.GAでは、どんな要素も遺伝子という形で表現することになりますから。
バブーの遺伝子には、さまざまな情報が入っています。バブーの大きさや色、模様などの姿形の情報から、パンチ力やジャンプ力、歩く速さ、電気に対する抵抗力などの身体何度もチャレンジする忍耐力、ちょっとのことでは驚かないといった性格、的能力、隠れたトラップを見つけ出す嗅覚のような感覚的能力、び越してみるような思考力などが書き込まれています。

AI品ですというところ

穴ぼこ型のトラップを見つけたら飛そうはいっても、バブーの各要素、バブーの遺伝子は、大きさや色、模様、一緒的なGA同様に、すべて〈010010100>というように数字0と1が羅列した形で書かれています。
力、性格等々は、それぞれが8つの<0.1>から構成されています。例えば、ジャンプ力-.o1010011>という具合ですね。
バブーの色や模様を数字に置き換えるさて、バブーの遺伝子に書き込まれている要素は、大きさやパンチ力など「数量」として表現されるもののほかに、模様や色や回避方法のようにその「種類」を表すものがあります。

コンピュータに解かせようと思ってもみなかった既存の難問

ですから、同じ8つの<0.1>の組み合わせでも、単に数量に置き換えるだけのもの、数量に置き換えた後、「種類」を区分するためにさらに解釈を加える必要がある場合もありますまず、「数量」として表現するところですが、これは次のようになります。
<0.1>の並びを2進法と見立てて、10進法に置き換えるという手法があります。
〈00000101>なら5となります。
しかしこの手法ですと、例えば、ちと興ざめであります。

AIらしきものができたと仮定したとき
AIらしきものができたと仮定したとき

ディープラーニングの成果でしょう

明らかに<11111111>(10進法に直すと255)にすれば最強じゃんってことがやる前からわかってしまうので、明らかに左側の数字ほど重要になり、右端の数字は、1と0が入れ替わっても、結果的にはそんなに大きな数値の変化にはならないので、なにやらバランスが悪い感じもまた、します。
『アストロノーカ』では、次のような作業を行っています。
1>は、あらかじめ決められた1-8番の特定の数字が、「あるか、そこで、8つの<0,ないか」
を意味するとしました。


人工知能学者のセリフだ 人工知能の状態である精度がいまひとつな側面もある 人工知能が今までのように手数の多さに悩むことはありません